伏在神経ブロック

Posted on 28th 5月 2011 by admin

伏在神経は大腿神経の枝で純粋な知覚神経.下腿内側から足の内側の知覚を支配しています.大腿中央部では縫工筋の下,やや深いところを大腿動静脈と並走します.大腿の遠位1/3付近で大腿動静脈は腱裂孔を通って膝窩へ向い,膝窩動静脈となります.大腿動脈と離れた伏在神経は大腿動脈の枝の下行膝動脈とともに内転筋管を貫いて縫工筋の裏側に出て膝内側の皮下に向います.内転筋管とは,長・大内転筋,縫工筋,内側広筋の筋膜で構成されたスペースで中を大腿動静脈,伏在神経,下行膝動脈が通ります.

穿刺針:23G 5cmのブロック針

薬剤:0.375%アナペイン10ml

鎮痛効果:10-12時間

適応:SNB単独で術後鎮痛に用いることはありません.多くは膝窩部坐骨神経ブロックと合わせて(CPSNB),足首や脛骨の骨折手術に用います.深部の痛みには関与しないので局麻浸潤でも対応可能です.

方法:膝関節の約10cm中枢側の大腿内側で,縫工筋の上にこれと直行するようにプローベをあてます.縫工筋と内側広筋の境界に注目して内転筋管と大腿動脈を確認します.伏在神経は細いのでよく見えませんが,ここでは内転筋管内を走行しています.

下図では,縫工筋と内側広筋の境界が膨らんでみえるところが内転筋管でその中に伏在神経があります.その直下に大腿動脈が見え,さらにその下に大腿静脈が走行しています.ここでブロックしてもいいのですが,

神経を追えるときは,プローベをゆっくり末梢側に平行移動していくと大腿動脈が,伏在神経から離れて,奥のほうに消えます(下図).今回は,ここでブロックします.

ZD YouTube FLV Player

ブロック完了後のエコー画像です.