斜角筋間ブロック

Posted on 24th 5月 2011 by admin

ブロックする側に肩枕を入れた半側臥位とし,外側から平行法で行っています。

穿刺針:23G 5cmのブロック針

薬剤:0.375%アナペイン15-20ml

鎮痛効果:12時間

適応:ASD,肩関形成術,腱板断裂手術,人工肩関節術など

方法:体位は仰臥位より側臥位または半側臥位の方が容易です.針を外側から刺入するので,肩が浮いている方が穿刺部に余裕ができ針の操作が容易になります.私は,肩枕を入れた半側臥位で行っています.

はじめに触診し,ランドマーク法で穿刺する斜角筋間溝を確認します.その上にエコープローべをあてると,直下に低エコー性の腕神経が縦に並んで見えるはずですが,わかりずらいこともあります.ついでプローべを末梢側にゆっくり平行移動して鎖骨上窩まで神経を追います.縦に並んでいた神経が徐々にまとまって丸くなり鎖骨下動脈の背側に収束する様子を確認します.再び,プローべをゆっくり中枢側へ戻し,神経が縦に並んでみえる位置まで戻って,神経がはっきり見え,穿刺しやすそうな位置を穿刺予定部位としてプローベの外側,通常は僧帽筋の前縁付近にマークします.

消毒の後,外側から平行法で針を進めます.C5とC6の間を目指して針を進め,中斜角筋の筋膜を貫いたら,針を止め,吸引試験の後,少量の薬液を投与します.斜角筋間に薬液が広がるのを確認して残りの薬液を投与します.

ZD YouTube FLV Player

ブロック完了後の画像です.

ポイント:中斜角筋の筋膜を確実に貫くことが大切です.筋膜を貫いていればその後は針先を動かさなくとも,薬液が神経周囲に浸潤していきます.合併症を避けるには針を深部に進めないことが大切といわれています.椎骨動脈や椎間孔があります.