大腿神経ブロック

Posted on 24th 5月 2011 by admin

鼠径溝の上にプローベを置き,並行法で行います.大腿神経に直接針を向けず,その少し手前(1cm)で腸骨筋膜を貫くようにしています.神経にそれほど接近させなくとも薬液は自然と大腿神経周囲に流れていきます.針先の描出は容易で,全麻下に施行することも多いです.

穿刺針:23G 5cmのブロック針

薬剤:0.375%アナペイン15-20ml

鎮痛効果:12時間

適応:大腿から膝までの手術,特に大腿骨骨幹部,遠位部骨折,膝蓋骨骨折,膝の関節鏡手術などに用いています.

方法:鼠径溝の上で大腿動脈を触診で確認しマークします.エコープローべを鼠径溝の上に平行にあてます.大腿動脈,大腿神経,腸骨筋膜,腸腰筋を確認します.

プローべを少し外側にずらし,大腿神経が画面の左端にくるようにします.下図のように大腿神経より約1cm程度外側で腸骨筋膜を貫くように,プローべの外側から平行法で針を進めます.

画面で確認しながら,確実に腸骨筋膜を貫きます.吸引の後,薬液を少量投与し,腸骨筋膜下にあることを確認します.残りの薬液を投与します.

ZD YouTube FLV Player

投与終了後は,以下のように大腿神経周囲に薬液が広がっているのを確認しておきます.

注意点:鼠径溝の上にプローベを置いた時点で,大腿動脈がすでに分岐している場合は,大腿神経が確認しづらいので,若干中枢側にプローベを移動して,分岐前の大腿動脈が見えることころで,ブロックするのがよいです.